Home > クライマックスの感動演出 > お見送りも一工夫で素敵な演出に

お見送りも一工夫で素敵な演出に

最後にゲストを送るお見送り。
レストランウエディングの時も、普通の披露宴と同じでいいのかな。
プチギフトを渡して、お礼を言って、他になにかやることはない?
新郎新婦がゲストをお見送りするのは、パーティーの最後の大切なプログラムです。
ここで、心をこめて、ゲスト一人ひとりに感謝の気持ちを伝えましょう。
その時に、絶対におすすめしたいことがあります。
ゲストが喜ぶこと間違いなしですよ!

プチギフトの手渡しでゲストと交流

お見送りの時には、ただお礼を言うだけでなく、プチギフトを手渡ししましょう。
会費制節約パーティーでも、最後にプレゼントがあるのはゲストとして嬉しいものです。
また、プチギフトは、一人ひとりのゲストに手渡しすることになるので、確実にゲスト全員と挨拶できます。
以前、友人の披露宴に出席した時のお見送りでは、新郎新婦は金屏風の前に立ってお辞儀をしたり「ありがとうございました」と挨拶するだけで、ゲストはその前をどんどん流れていくという感じだったことがありました。
実際、結婚式では、新郎新婦と話すタイミングはなかなかありません。
それで、どこかで必ずゲストと話せる場を作ろうと思っていたので、お見送りの時にはギフトを手渡ししようと思ったのです。
ギフトについては、手渡しプチギフトは何がいい?の項を見てください。

お見送りの時に写真を撮ろう

もうひとつ、ここで絶対おすすめしたいのが、新郎新婦がゲストと並んで写真を撮ることです。
実は、私たちもこんなことは全然考えていなかったのですが、たまたま実現して、後ですごく良かったと思ったことのひとつです。
私たちのパーティーでは、プロのカメラマンは頼まずに、ダーリン弟がメインカメラマンとして働いてくれていました。
最初にお見送りしたのはダーリンの親族で、「楽しかったわ~」「また今度ゆっくりね」なんて挨拶して帰っていきましたが、その時には、ダーリン弟は、ただお見送りの様子のスナップを撮っていました。
ですが、たまたま次のゲストのお見送りで、「せっかくだから写真を一緒に」と言ってゲストと並んで写真を撮ったら、その次のゲストからは全員プチギフトを渡して挨拶した後、記念撮影をする流れになりました。
全部一人ずつというわけではなく、同じ友人仲間は一緒にという感じで、楽しく撮れました。
カメラマンがダーリン弟だったので、気軽に頼めたというのもあったのですね。
これが、結果的に大正解。
結婚式に出席した経験のある人ならわかると思いますが、新郎新婦とちゃんと並んだ写真って意外に少ないし、新郎新婦側からすると、すべてのゲストとのショットなんて、めったに撮れるものではありません。
それが、このお見送りでの写真撮影なら、時間もかからないし、ゲスト全員との写真が残せます。
もちろん、ゲストにも喜んでもらえて、いいことづくめ。
ぜひぜひ、お見送りの時にはゲストと一緒に写真を撮ることをおすすめします!

  • お見送りも一工夫で素敵な演出にをはてなブックマークに追加
  • このページをYahoo!ブックマークに登録
  • お見送りも一工夫で素敵な演出にをlivedoorクリップに追加
  • このエントリーをFC2ブックマークへ追加
  • お見送りも一工夫で素敵な演出にをニフティクリップに追加
  • お見送りも一工夫で素敵な演出にをPOOKMARK Airlinesに追加
  • お見送りも一工夫で素敵な演出にをBuzzurlに追加
  • お見送りも一工夫で素敵な演出にをdel.icio.usに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/445
Listed below are links to weblogs that reference
お見送りも一工夫で素敵な演出に from ハッピー☆レストランウェディング

Home > クライマックスの感動演出 > お見送りも一工夫で素敵な演出に

Wedding Item

フィード

このページのトップへ↑