Home > 結婚の記念を写真に残す > 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツ

美しい花嫁姿の写真を残すためのコツ

結婚式の写真は、絶対キレイに写りたい!
ヘアメイクもネイルも完璧。
お気に入りのドレスもブーケも見つかったし、ダイエットもしたし、準備は万端!
これで、写真も大丈夫...?
結婚式は女性にとっては自分が主役の重要イベント。
花嫁は、最高に美しく輝く姿で写真に写りたいですよね。
でも、いくらメイクやドレスに凝っても、ちょっとしたことでイマイチな写真になってしまいます。
そうならないように、写真を撮られる際のポイントを書きたいと思います。

試着でポージングを練習しよう

ドレス姿を美しく撮るには、ポージングを意識することが大切です。
試着の段階か、当日ドレスを着た時に鏡の前で二人で並んでポジションを確認しておくことをお勧めします。
例えば、私はマーメイドラインのドレスだったのですが、マーメイドラインのドレスは真正面から立ち姿の写真を撮ると、せっかくのドレスラインがあまりきれいに写らないのです。
平面的に見えてしまうという感じでしょうか。
ですから、カメラマンに対して、体をちょっと斜めにして、顔は正面をむくというように、体を少しひねる感じで写るのがきれいなラインを出すコツです。
実はこれは、試着の際に写真を撮っていなかったら、気付かないことでした。
おお、あぶない、あぶない。
おかげで本番は、カメラに対して真正面にならず、体をひねることを意識しました。
試着で写真を撮る時は、ドレスのデザインだけに気をとられがちですが、ポージングを意識して撮ってみてください。

姿勢に注意

これはすべてのタイプのドレスに言えますが、上半身が猫背にならないように気をつけましょう。
私は普段、よく人から「姿勢がいいね」と言われる方なのですが、それでも結婚式の写真の何枚かは「ちょっと猫背っぽいなあ」と思われるものがありました。
おそらく、普段は肩や背中が全開のドレスなど着ることがないので、自然と「気恥ずかしいモード」になるんですよね。
それで、無意識に猫背になってしまうのではないかと思いました。
ですから、普段特に姿勢は悪くない、気にしていないという人でも、ドレスを着ている時は、普段より意識して胸をはって背筋を伸ばすくらいでちょうどいいと思います。
普段から猫背ぎみの人は、やりすぎくらい背筋を伸ばして、胸を前に突き出すような気持ちでちょうどいいでしょう。

ブーケの持ち方もチェック

それから、もう一つ注意したいことは、ブーケの持ち方です。
私はキャスケードのブーケだったのですが、持ち手を自分の体と平行にして真っ直ぐ持っていたら、写真では肝心の花の部分がすごく変な角度で写っていて、せっかくのキャスケードのラインが台無しになっていました。
キャスケードは、真っ直ぐではなく、前に突き出すような感じで持つ方がいいようです。
それに、お色直しのラウンドブーケの方は、重かったのでしっかり握りすぎて、手がちっともエレガントじゃなく、いかにも「握り締めてます!」という感じになっていました。
ですから、ブーケも、ゲストの前に出る前に、どのくらいの高さで、どのくらいの角度で持つのが一番いいかを、鏡で必ずチェックすることをおすすめします!
特に、キャスケードの人は絶対確認しましょう!(ノ_・。)

  • 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツをはてなブックマークに追加
  • このページをYahoo!ブックマークに登録
  • 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツをlivedoorクリップに追加
  • このエントリーをFC2ブックマークへ追加
  • 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツをニフティクリップに追加
  • 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツをPOOKMARK Airlinesに追加
  • 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツをBuzzurlに追加
  • 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツをdel.icio.usに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.searchlight-jp.com/mt/mt-tb.cgi/644
Listed below are links to weblogs that reference
美しい花嫁姿の写真を残すためのコツ from ハッピー☆レストランウェディング

Home > 結婚の記念を写真に残す > 美しい花嫁姿の写真を残すためのコツ

Wedding Item

フィード

このページのトップへ↑